患者様の声と症例紹介|東京都北区の歯医者 歯科医院|MI治療(コンポジットレジン),マイクロスコープ診療,精密根管治療,メタルフリー治療|王子本町歯科クリニック


初診の方へ 検査とカウンセリングについて 当院は自費診療専門医院ですが、初診料3,000円です。完全予約制 ご予約はこちらから(24時間受付) 医院からのお知らせ Q&A よくいただくご質問と回答 患者様の声 治療のご予約は 03-3907-8000
  • MI治療―コンポジットレジン
  • 精密な治療―マイクロスコープ
  • 根管治療(歯内療法)
  • セラミック治療
  • 歯科金属アレルギー治療―メタルフリー
  • 痛みの少ない治療
  • カウンセリング―お話をよくお聞きします
  • マイクロスコープ
無料メール相談インターネット予約

---住所

東京都北区王子本町1-9-14
アクセスマップ・地図

---

最寄駅

・JR京浜東北線 王子駅 親水公園口 徒歩7分
・地下鉄 南北線 王子駅 北口 徒歩7分

---

TEL

03-3907-8000

---

診療日時

月曜~金曜 10:00~13:00
      14:30~19:00

---

休診日

土曜・日曜・祝日

---

患者様の声と症例紹介

劣化で変形し外れてしまった銀歯。コンポジットレジンは補修でリカバリーできるケースが多いため、歯を長持ちさせる可能性があります。

【患者様の主訴・症状】

金属のつめ物が取れた。次は金属じゃないもので治療したい。

【院長のコメント】

平成16年に当院で治療した銀歯でした。これまで何度か取れてはつけ直しをしてきたのですが、金属自体にも劣化による変形も見られました。このまま無理におつけ直しをしても歯に良い事は無いと判断し、その旨をお伝えしてコンポジットレジンでの治療になりました。

銀歯の再治療でまた銀歯を入れると、少しずつ銀歯が大きくなり、やがてすっぽりかぶせる形になり、最後は保存不能となり抜歯という流れがありますが、コンポジットレジンの場合はたとえ一部欠けたりする事があっても補修する事でリカバリー可能なケースが多いので、結果歯を長持ちさせる事が可能なことが多いです。


大き目の銀歯を撤去後、シリコン印象剤で型をとり時間をかけていねいに歯を修復

【患者様の主訴・症状】

すでに当院で治療を受けており、引き続き口腔内の銀歯を撤去していきたい。

【院長のコメント】

大きめの銀歯が装着されており、銀歯を撤去後にコンポジットレジンで、隣の歯との適切な接触点、すき間を再現するのに時間を要した症例です。銀歯を撤去後、虫歯になっている部分を除去しました。銀歯の撤去前にあらかじめシリコン印象剤で型をとり、その型をガイドにしながら、バイタイリング、マトリックス、ウエッジなど特殊な器具を使用して、両隣の歯との適切な接触関係を回復させました。

治療時間は保険診療に比べて長くいただいてしまいますが、その分、精密にひとつひとつの操作を正確に時間をかけて行わせていただいています。保険医療機関に無い、自由診療専門の歯科医院の特権のひとつだと思っています。


2ヶ月前、他院で受けたコンポジットレジンの説明、治療内容、結果にご不満があり、当院でマイクロスコープを使った精密なコンポジットレジン修復

【患者様の主訴・症状】

2ヶ月前に他院で自費によるコンポジットレジン治療を受けたが、説明、治療内容、結果全てにおいて不満の残る内容だった。

【院長のコメント】

患者さんから他院で受けた治療の経緯を聞いた時に、「雑な治療をされてしまった」と感じました。実際に治療した歯を確認すると、2ヶ月前の治療とは思えない状態でした。コンポジットレジンの不足しているところや、のっぺりした感じなど、正直あまり誠意と情熱を感じない詰め方でした。そうなると、コンポジットレジンの下も心配になりました。

古いコンポジットレジンの下には虫歯が残っていました。治療を受けた時に虫歯が深いとか何の説明もなく、治療前後の写真の撮影もなく淡々と治療が終わったそうです。患者さんは自分で削られている場所を見る事ができません。なので当院ではなるべくマイクロスコープの録画機能を使って、虫歯の部分を器具で削るところを記録して、お見せするように心がけています。


他院のコンポジットレジンに肉眼レベルで着色、マイクロスコープですき間を発見。即日除去して精密なコンポジットレジン修復

【患者様の主訴・症状】

過去に他院で治療した歯が最近しみるようになり、だんだん痛みも感じてきた。

【院長のコメント】

すでに他院でコンポジットレジン治療がされており、肉眼レベルで歯とコンポジットレジンの間に着色が入り込んでいました。マイクロスコープで確認してみるとすき間も生じていることがわかりました。古いコンポジットレジンを除去すると部分的に虫歯にもなっていました。コンポジットレジンは確かに歯科材料として、躍進的に進化した素晴らしい材質ですが、それを扱う歯科医師側も、もっと日々進化する接着材、コンポジットレジン、治療の予後の良好なコンポジットレジンの詰め方等について研鑽し続けるべきだと感じました。


他院のコンポジットレジンに肉眼レベルではっきり分かる劣化、すき間を発見。早期に問題のある部分を修復

【患者様の主訴・症状】

検診時に劣化したコンポジットレジンを発見して、状況を説明したところ、当院でのコンポジットレジン治療をご希望されました。

【院長のコメント】

近年のコンポジットレジンは大臼歯などの咬む力の強い歯にも使用可能な強度を持っていてとても信頼度の高い材質に進化しましたが、コンポジットレジンを詰める一連の操作を雑に行わずに確実に進めることが大切です。適当に詰めたコンポジットレジンは短期間で劣化してしまう場合もあるでしょう。

マイクロスコープを使用しなくても肉眼レベルではっきりわかるすき間がある様な詰め方では、後々必ず問題が生じます。今回のケースは歯のお手入れも良く、定期検診もしっかり受けている方だったこともあり、古いレジンの下は虫歯がひどく進行していることもありませんでした。早期に問題のある部分を修復出来て良かったと思います。


金属の中で部分的に虫歯が再発。金属芯を慎重・安全に撤去し、無事コンポジットレジンで歯を修復

【患者様の声】

エナメル質をほとんど削らなかったのが良かった。 古いつめものの下に虫歯があり、それをとれて良かった。



【患者様の主訴・症状】

すでに当院でコンポジットレジン治療を受けている患者さんで、引き続き他の歯の治療も継続したいとのご希望でした。

【院長のコメント】

ご自身での歯磨きなどのお手入れも、どちらかと言えば上手でデンタルフロスなどの補助器具も普段からきちんと使用されている方ですが、金属を除去してみると部分的に虫歯になっていました。小臼歯は過去に神経を取っている歯で、金属の下に太く長い土台の金属芯が入っていました。ダブルドライバーテクニックという手法で安全に金属芯を撤去しました。ここを乱雑に行うとエナメル質を余計に削ったり、歯が欠けてしまったりするので、慎重に行い、無事に金属芯を撤去する事が出来ました。

その後、汚染されていた根管も綺麗に清掃して上部をコンポジットレジンで修復しました。保険診療で神経を取るとクラウンというかぶせ物にされてしまうケースが多いのですが、幸い前医がエナメル質をだいぶ多く残していてくれたので、問題無くコンポジットレジンで修復することができました。
最初の治療で、歯をたくさん削る考えの歯科医師に治療されるか健全な部分を最大限削らない考えの歯科医師の治療を受けるかは、とても大切なポイントだと感じました。


古い金属のつめ物の一部で虫歯が再発、健全な歯を最大限残すMI治療(コンポジットレジン)で歯を白く修復

【患者様の声】

痛みが出ないか、とても不安でしたけど、しっかり麻酔もして頂いたり、声かけして頂いて、大変丁寧な治療をしてくださいました。 しっかり時間をかけていただいて、本当に感謝です。 ありがとうございました。
次からも、よろしくお願いします。
子供の面倒も見ていただいてありがとうございます!



【患者様の主訴・症状】

現在入っている金属のつめ物を白くしていきたい。

【院長のコメント】

ラバーダムをして、古い金属のつめ物を除去してみると、一部が二次カリエスになっていました。
ある程度年数の経過した金属のつめ物等を除去した時に、いつも思うのが「金属のつめ物は虫歯の再発が多いなー」という事です。治療した当時は金属インレーという治療が主流で虫歯になっていない健全な部分も含めて大きく削るのが当たり前の考え方の時代だったのですが、もっと歯科界全体にMI治療の考え方が浸透すると良いと思います。
ちなみに現在でもある程度の大きさの虫歯は保険診療の場合は、大きく削って金属のつめ物での修復が当たり前となっています。
コンポジットレジンは健全な歯を最大限残すことの出来る治療方法です。


3年前に他院で行なったコンポジットレジンにすき間があり虫歯が再発、無痛治療で1日で精密に修復

【患者様の声】

麻酔の注射も全然痛くなく、びっくりしました。 本物の歯に見間違える程、自然な仕上がりで嬉しいです。
丁寧に治療していただき、ありがとうございました。



【患者様の主訴・症状】

約3年前に他院でコンポジットレジン治療を受けた歯が最近になって冷たいものや甘いものがしみるようになり来院。マイクロスコープで確認するとすき間が確認でき、二次カリエスの可能性も高いことをご説明して当院でコンポジットレジン治療することになりました。

【院長のコメント】

ラバーダムをして、古いコンポジットレジンを除去してみると、やはり一部が二次カリエスになっていました。カリエスチェックという虫歯を染め出す液で確認しながら感染している部分を慎重に削り取りました。その後、コンポジットレジンがエナメル質にしっかりと接着させる為に、縁のエナメル質のみを部分的にリン酸で酸処理をして粗くさせるセレクティブエッチングという手法を行いました。その後、ボンディング処理を正確に行い、ボンドに光照射を何度も行って確実にボンドを硬化させました。

コンポジットレジンは光で硬化させるときに必ず重合収縮(じゅうごうしゅうしゅく)という現象が起きて縮むのですが、この時に歯から引きはがされる力が起きて、すき間が生じやすくなります。そこで、歯の面にコンポジットレジンを密着させる意味と、重合収縮でコンポジットレジンが歯から引きはがされる力を最小限に抑えるクッションの意味で最初に「トロトロの流れの良いレジン」を一層充填して硬化させました。それから、「ペースト状の硬いレジン」を緊密に充填して、咬合面の形を成形して硬化後に調整研磨して終了しました。


2ヶ月前に他院で行なった自費のコンポジットレジンで虫歯の再発と段差が見つかり、当院にて1日で精密に治療

【患者様の声】

あまり削らないで頂きありがとうございました。 レジンもていねいにつめてもらって満足しました。



【患者様の主訴・症状】

2ヶ月前に他院で自費によるコンポジットレジン治療を受けたが、治療内容、経過ともに不満が残り、雑さと不信感を感じていたそうです。
ホームページで当院を知り、ご来院いただきました。よく、これまでの経緯をお伺いした上で、マイクロスコープで気になる歯を診査したところ、劣化したコンポジットレジンの下の二次カリエスや、歯とコンポジットレジンの段差などが確認出来ました。

【院長のコメント】

ラバーダムをして、古いコンポジットレジンを除去後にマイクロスコープで確認してみると、やはり二次カリエスになっていました。虫歯を染色するカリエスチェックという液で染め出して確認しながら虫歯に感染している部分を慎重に除去していきました。その後、コンポジットレジンの歯への接着効果を高めるために、縁のエナメル質のみを部分的にリン酸で酸処理をして粗くするセレクティブエッチングという手法を行い、その後、接着させる為のボンディング処理を行いました。

この時大切なのはボンディング剤を均一にエアーで伸ばしながらきちんと乾燥させることと、ボンディング剤を硬化させる光照射も色々な方向から当てて、しっかり硬化させることです。この部分を雑に行うとボンディング剤の本来の接着力が発揮出来ずにコンポジットレジンが脱落したりする原因のひとつになります。

レジンは硬化させるときに重合収縮という現象が起きてレジンが縮むのですが、この時に歯から引きはがされる力が起きて、すき間が生じやすくなります。なので一層歯の面に密着させる意味と、重合収縮で生じる引っ張られる力を最小限に抑えるクッションの意味で最初に「トロトロの流れの良いレジン」を充填して硬化させました。それから、「ペースト状の硬いレジン」を緊密に充填して、咬合面の形を成形して硬化後に調整研磨して終了しました。
これらのステップを確実に行いながら、マイクロスコープ診療をしていると、どうしても治療時間が長くなってしまうのですが、そのこともご理解いただき、逆に丁寧な治療を喜んでいただけました。


他院で行なったセラミックの詰め物が破損、コンポジットレジンで治療当日から部分入れ歯を使えるように

【患者様の声】

寝れる位 楽な治療でした。 ありがとうございました



【患者様の主訴・症状】

数年前に他院で詰めたセラミックのつめ物が破損して、歯の一部も欠けていました。特にしみる、痛いなどの症状はありませんでした。

【院長のコメント】

歯に残っていたセラミックのつめ物の残りを、なるべく健康な歯を傷つけないようにマイクロスコープで確認しながら注意深く削り取りました。歯肉の下につめ物のへりが来るような形だったので、圧排糸(あっぱいし)という糸を歯と歯肉の間の溝に押し込んで歯肉をどかせた状態にしてコンポジットレジンを充填していきました。

この症例で難しかったのは、部分入れ歯の金具がかかる歯だったので、入れ歯が使えなくならないように金具の形にフィットするように形態回復をさせる点でした。結果、金具にピッタリとフィットするようにコンポジットレジンを詰めることが出来、部分入れ歯の金具の作り替えを回避することが出来て、治療当日から部分入れ歯も使用することが出来て喜んでいただけました。


劣化した銀歯のすき間から再発した虫歯を、コンポジットレジンで修復

【患者様の主訴・症状】

すでに当院でのコンポジットレジン治療をご経験済みの方で、引き続き他の気になる歯も治療したいというご希望でした。左上の第二大臼歯に劣化した銀歯が装着されており、マイクロスコープで確認するとすき間があり、二次カリエスの可能性も高いことをご説明してコンポジットレジンで治療することになりました。

【院長のコメント】

ラバーダムをして、銀歯を除去後にマイクロスコープで確認してみると、やはり二次カリエスになっていました。虫歯は深く進行していましたが、神経に達するほどではありませんでした。

虫歯を染色するカリエスチェックという液で染め出して確認しながら慎重かつ確実に、虫歯に感染している部分を除去していきました。

エッチングその後、レジンの歯への接着効果を高めるために、窩洞の縁のエナメル質のみを部分的にリン酸で酸処理をして粗くするセレクティブエッチングという手法を行いました。その後、ボンディング処理を行いました。

この時大切なのはボンディング剤を均一にエアーで伸ばしながらきちんと乾燥させることと、ボンディング剤を硬化させる光照射も色々な方向から当てて、しっかり硬化させることです。 コンポジットレジンは硬化させるときに必ず重合収縮(じゅうごうしゅうしゅく)という現象が起きて縮むのですが、この時に歯から引きはがされる力が起きて、すき間が生じやすくなります。
なので、歯の面に密着させる意味と、重合収縮で生じる引っ張られる力を最小限に抑えるクッションの意味で最初に「トロトロの流れの良いレジン」を一層充填して硬化させました。それから、「ペースト状の硬いレジン」を緊密に充填して、咬合面の形を成形して硬化後に調整研磨して終了しました。


保険銀歯の下で虫歯が再発し、一回の来院で修復

【患者様の主訴・症状】

過去に治療して古くなった保険銀歯の下が、高い確率で虫歯が再発。そのことを体感、実感され、お口の中にある保険の銀歯を全部撤去したいという主訴で来院され、順番に治療しました。

【院長のコメント】

銀歯を除去する度に、高確率で二次カリエスになっていることに衝撃を受けます。 それは患者さんも同様で、マイクロスコープで撮影した治療中の動画をお見せするごとに、歯を大切にしようという意識が高まっていかれたように感じます。

歯と歯の間のすき間を適切なきつさにするために、バイタイリングとマトリックスという専用器具を使用しながら、「トロトロの流れの良いレジン」と「ペースト状の硬いレジン」を使いわけながら緊密につめました。


検診のマイクロスコープ診査で二次的な虫歯を発見、
コンポジットレジンで即日修復

【患者様の声】

治療に痛みが無く見た目も銀歯が無くなりきれいになってよかった



【患者様の主訴・症状】

検診で来院した際に、マイクロスコープ診査で左下第一大臼歯の銀歯と歯の間にすき間ができて、二次的な虫歯になっていることを動画で確認していただいたところ、コンポジットレジンでの治療を希望されました。

【院長のコメント】

下顎の第一大臼歯で唾液に浸りやすい場所でもあり、唾液に接触するとレジンの接着力が著しく落ちるので、ラバーダム防湿を行って治療を進めました。

虫歯を染めだすカリエスチェックで染色して確認しながら確実にカリエスを除去しました。 接着力を高めるためにマイクロスコープで確認しながら、最小限の範囲を酸でエッチング処理を行って窩洞の縁を部分的に粗くしてからボンディング処理をしました。

大臼歯の咬合面の単純窩洞は近心壁、遠心壁、頬側、舌側、窩洞底部とレジンの接触する場所が5ヶ所あり、レジンを硬化させるときに重合収縮という現象が起きてレジンが縮むのですが、この時に歯から引きはがされる力が起きてすき間を生じやすくなります。なので一見簡単そうに見える咬合面の単純窩洞のレジン充填ですが、実はとても難しく繊細です。

重合収縮で生じる引っ張られる力を最小限に抑えるクッションの意味で最初にフロアブルレジンというトロトロの流れの良いレジンで一層充填をして硬化させました。それから、ペースト状の硬いレジンを緊密に充填して、咬合面の形を成形して硬化後に調整研磨して終了しました。


虫歯の再発で冷たいものでしみる奥歯を、アマルガムを除去して即日レジン充填で治療

【患者様の主訴・症状】

右上奥歯が冷たいものでしみる、という主訴で来院されました。氷を使った温度診では微妙な反応でしたが、レントゲンでは右上第二大臼歯の近心に虫歯が見つかりました。

【院長のコメント】

温度診では微妙な反応だったものの、レントゲンで二次カリエスを確認できたので、その旨をご説明して治療のご承諾をいただき、アマルガムの除去から行いました。

マイクロスコープで確認しながら虫歯を確実に除去していきました。マイクロスコープで第一大臼歯の遠心に小さな虫歯を確認したので、同時に治療しました。(ごく小さなカリエスだったので、こちらの治療費はサービスしました。)

マトリックスとバイタイリングという器具を使用して、歯と歯の間のすき間が適正なきつさになるように、注意しながら緊密に充填して、形態修正、研磨して完了しました。


健全な歯質を最大限残して銀歯を除去、即日レジン充填で修復

【患者様の主訴・症状】

左上第二大臼歯の咬合面の銀歯の除去と、親知らずの抜歯を希望して来院されました。

【院長のコメント】

抜歯を先に行うと、出血の影響でレジンの接着が悪くなりやすいので、左上第二大臼歯のレジン治療を先に行いました。銀歯の撤去前には咬合接触点を確認して、記録写真を撮り、レジン充填時の形態回復の参考にしたので充填後はほぼ無調整でした。

もしかしたら遠心側の隣接面まで二次カリエスが進行しているかもしれないと思いましたが、ギリギリ咬合面のみの単純な充填で済み、健全歯質も最大限残すことができて良かったです。抜歯前は少し緊張されていたのですがスムーズに終わり、安心されたようです。


保険銀歯の下で虫歯が再発、マイクロスコープで虫歯を確実に除去してe-maxクラウンを入れました

【患者様の主訴・症状】

過去に治療して古くなった保険銀歯の下が、高い確率で虫歯が再発。そのことを体感、実感され、お口の中にある保険の銀歯を全部撤去したいという主訴で来院され、順番に治療しました。

【院長のコメント】

左上の第二小臼歯に関しては、保険銀歯のフルクラウンだったので、金属の土台から撤去して、虫歯の再発のあった部分をマイクロスコープで確認しながら確実に除去しました。ファイバーポストとレジンで新しい土台を作り、e-maxのクラウンをセットしました。 第一小臼歯に関しては、古い銀歯を撤去して、虫歯を確実に除去した上で、コンポジットレジンで修復しました。


保険銀歯の下で虫歯が再発し、
一回の来院で歯と同じ色のレジン充填で修復

【患者様の声】

何度も通うことなく、一度で治療してもらえて助かります。

複雑な処置ですが(写真を見たり説明を聞いたりしていると)丁寧に処置して下さり、見た目もキレイで治して良かったなぁと思っています。
仕方ないのですが、ちょっと時間がかかるので、もう少し短いと気持ち的にも楽になるかな…と思ったりもします…



【患者様の主訴・症状】

過去に治療して古くなった保険銀歯の下が、高い確率で虫歯が再発。そのことを体感、実感され、お口の中にある保険の銀歯を全部撤去したいという主訴で来院され、順番に治療しました。

【院長のコメント】

右上の小臼歯2本で、どちらも隣接面にかかる複雑な形でした。それに元々入っていた銀歯の第一小臼歯と第二小臼歯間のコンタクトが甘くて、スカスカの状態だったので適正なすき間にすることを意識して治療しました。治療時間はかかりましたが、一回の来院で銀歯の撤去、虫歯の除去、歯と同じ色のレジン充填による審美面、機能面の回復ができて、喜んでいただけました。


他院で治療を受けたが痛みのとれない歯を
コンポジットレジンで即日修復

【患者様の声】

3時間の治療は基本的に長いのかもしれませんが、一回で終わって本当にありがたいです。

治療に対しても痛みもなく、細かな説明もあり安心しました。

長い時間口を開けていたので、間でお水を頂けて、そういう心遣いとかもすごく良かったです!ありがとうございました。またよろしくお願いします!



左が治療前の写真ですが、一見、きれいに銀歯が入っているように見えると思います。この患者さんは、他院で3ヶ月前に虫歯を治療し、銀歯を入れてもらったそうですが、食事をして食べ物をかんだ時や、歯をかみ合わせたときの痛み(咬合時痛)が続いているとのこと。前の医院での治療に不信感を持ち、当院に来院されました。

当院で精査したところ、次のような問題が見つかりました。


銀歯が歯の形に合っていないのに、セメントで調整して無理やりくっつけていたことがうかがえます。そして銀歯を除去すると、虫歯の取り残しがありました。

銀歯を外した後、虫歯に青い色をつける「う蝕検知液」で染色しました。虫歯の取り残しと、銀歯を外した隣の歯のセメントの取り残しもはっきりと確認できます。これだけたくさんの虫歯を取り残して、適合の悪い銀歯を強引に入れてしまえば、痛みも出て当然です。

マイクロスコープ(顕微鏡)で確認しながら、天然歯を最大限残して、取り残された虫歯の部分だけを丁寧に除去したあと、コンポジットレジンですき間のないように精密に、即日、歯を修復しました。



無料メール相談 インターネット予約

当院は自費診療専門医院です。保険はご利用いただけません。
当院は、予約優先の歯科医院です。初診の方も、事前のご予約をお願いいたします。

---

医院情報・医院案内
医院名 王子本町歯科クリニック
住所 東京都北区王子本町1-9-14
アクセスマップ・地図
電車でお越しの方 ・JR京浜東北線 王子駅 親水公園口 徒歩7分
・地下鉄 南北線 王子駅 北口 徒歩7分
電話 03-3907-8000
診療日時 月曜~金曜 10:00~13:00/14:30~19:00
休診日 土曜・日曜・祝日
診療科目

MI治療(コンポジットレジン)精密な治療(マイクロスコープ)金属アレルギー治療(メタルフリー)、虫歯治療、根管治療(歯内療法)セラミック治療

診療時間 診療日時表
カレンダー カレンダー
地図/MAP

歯に関するご相談・治療のご予約は
03-3907-8000
院長:君和田 威(きみわだ たけし)
王子本町歯科クリニック
〒114-0022 東京都北区王子本町1-9-14
■診療時間 月曜~金曜 10:00~13:00/14:30~19:00
■休診日  土曜・日曜・祝日

MI治療ーコンポジットレジン抜歯を防ぐ精密な治療金属アレルギー治療―メタルフリー
痛みの少ない治療カウンセリングマイクロスコープ私が技術講習に参加する理由

Copyright(C) 王子本町歯科クリニック All rights reserved.

東京都北区王子 王子本町歯科クリニック